フォト

最近のトラックバック

小学校就学について

入学式♪

『たい』の入学のお祝いに旦那の両親が来たりと、バタバタしていて、ご報告が遅れました☆

『たい』の小学校の入学式、無事?終わりました note

0

21_2

↑耳ふさぎをして登場☆

プログラムを作ったものの、座っていられたのは、最初と最後だけで(笑)、体育館内の大型の暖房器具が気になったり、床に寝転んでました~☆

無理な時は、いつでも教室に戻ってもいいとのことでしたが、付き添いの先生は諦めることなく(笑)、何だかんだして、結局、式中ずっと体育館にいれました

本当は、保育所の退所式で1時間30分も座っていられたから、入学式の45分もいけるんじゃないかと思ってましたが、甘かった(笑)

でも、そりゃあそうですよね!

慣れない場所、初めての先生に、練習なしの本番ですから flair

いれただけでも頑張った shine

さぁ、月曜日からの通学はどうなるかなぁ?(笑)

ママも『たい』と一緒に気持ちを新たに頑張るぞ rock

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

今日は入学式♪

とうとう来ました sign03 この日がっ sign03

今日は、『たい』の小学校入学式です shine

思い返せば、いろいろありました

選定委員会で「特別支援学校適切」通知をもらい、やはり泣いてしまったこと

そして、地元小学校に通えないんじゃないかと不安になり、町教育委員会の教育長に嘆願書を書いて出したこと

また、小学校へ前もって理解を求めるために作成した書類の数々

でも、たくさんの人に支えてもらい、励ましてもらったおかげで、今日を迎えることができました

本当に、ありがとうございました note

そして、ここのところ、忙しかった(笑)

でも、当分忙しさは続きそうですが(笑)

昨日の小学校打ち合わせでは、先生がいろいろ考えてくださり、頑張って準備をしてくださっている様子が教室のあちこちに見られました shine

児童別にカラーを決めて、カゴの設置や時間割ボードもありました

後は、少しずつ先生と協力しながらやっていきたいと思います confident

さて、入学式はどうなることやら?(笑)

では、行ってきます sign03

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

小学校へ打ち合わせ

小学校の入学式は、いよいよ明日です shine

入学式終了時間に合わせて、東京から旦那の両親が来て、私の両親を含め、近くの温泉に泊まってのお祝いがあるため、そっちの準備もあり、バタバタでした coldsweats01

さて、今日は、小学校に伺って、教室や体育館などの写真を撮ったり、入学式の打ち合わせに行ってきます car

そして、コツコツ作っていた視覚支援グッズなどを持ち込む予定 flair

1

2

・授業(活動)スケジュールボードとカード

・コミュニケーションボード

・コンパクトひらがな表

・持ち運び用カード

・ひもBOX

・靴置きマーク

とりあえず、こんなとこといった感じかな

後は、朝の準備の流れや帰り支度の流れを追加していく予定

やっとお渡しできる~☆

渡したら終わりではないけど、これで一段落はつけそう(笑)

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

入学準備も着々と

入学準備も何とか着々と進みつつあります smile

そして、入学とともに始まる児童デイの準備もです

児童デイでは、自由に時間を過ごすため、特別な準備ほどではないけど、『たい』にとっては必要な物を作りました

コミュニケーションガードや行き先スケジュールなど

もちろん、前に作ったサポートブックも渡す予定 flair

コミュニケーションガードは、行動援護でヘルパーさんに渡している物とほぼ同じ物

行き先スケジュールは、曜日によって児童デイ施設の利用が違うため、作成

出かける時には、いつも車中見えるところに提示して利用しているものなので、『たい』にとっては必要な物

Photo_2

そして、行き先スケジュールは、活用の仕方とお願いを学校の先生へと児童ディの事業者向けに裏面に説明をつけました flair

Photo_3

活用の仕方は

※前もって、家の週間スケジュールで学校→児童デイの提示

<学校→児童ディ>写真左

①(先生)学校で、授業終了後に活動スケジュールで児童デイを提示

②(先生)児童デイお迎え時、児童デイ事業者へ本人引き渡しと行き先スケジュールの受け渡し

③(児童ディ事業者)児童デイへ行く車中に行き先スケジュールの提示

④(児童ディ事業者)児童ディ到着後、ランドセル内にしまう(そのまま家へ)

<児童ディ→家>写真右

※前もって、児童ディ事業所へ渡しておく

①家へ送る際、車中で提示

②事業者持ち帰り

利用協力してくださる方々が楽に使えるように、なるべくカードをはりかえたりしないでできるようにしたつもりです

後は、使い勝手など使ってみて修正を加えていく予定 flair

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

自己満足♪

意外とやることが多い入学準備

裁縫もあります sweat02

図書室で借りた本を入れるバッグに体操着バッグ、シューズケース

幼稚園と違って既製品でもいいらしいけど、一つくらい作らないと何か気が引ける(笑)

分かります?この気持ち

しかも、既製品でピンとくるものもなく…

で、作りましたとも、一つだけ flair

本を入れるバッグです

Photo

載せるほどでもないけど(笑)、ミシン糸も汚い仕上がりだけど(笑)、一つ仕事が終わった自己満足で載せてみました flair

線も引かずに作ったので、ホント出来上がりも汚いです coldsweats01

ちゃんと線を引いて作れって感じですが(笑)

もちろん、『たい』に見せても無反応 coldsweats01

これが、『ななちん』なら、喜びの一言や二言はあるんだけどなぁ~

しかし、また一つ、肩の荷がおりました shine

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

やっと、ランドセル♪

やっと、ランドセルを買いました!

遅すぎ?(笑)

年明けまで小学校がどうなるか、分からなかったし、分かってからは、サポートブックだの、学校との打ち合わせだので、後回しになってました coldsweats01

それに、ランドセルの色の問題もありました flair

何かあったらと、目立つ色にしようかとも考えましたが、服の好みはなくても、前に黄色の靴を履かなかったこともあり、本人に聞いて決めることに

カタログから、こっちの希望の黄色とブルー、『たい』が選びそうな黒色の3つの写真を見せて選ばせたところ、やはり、黒色のランドセルを迷わず指差し shine

色が決まってからは、本人の開け閉めのしやすさや背負いやすさ、安全面を考えたランドセル選び

悩みました~☆

同じ黒と言っても各メーカーで、構造や売りとするところが、微妙に違うんですね

ほとんどが、ランドセルの蓋を簡単にカチッと閉めれて、ロックがかかるようになってるけど、実際やってみると、『たい』にとってはやりずらいかな?と思える物もあり

また、安全面でも反射テープや反射金具の付き方が微妙に違っていたり

結局、蓋の鍵が閉まりやすく、反射テープが多くついているこれ↓にしました

反射テープが横ラインの他に、横マークが横と両方の肩ベルトについています

あと、小ポケットのチャック取っ手部分も光ります

1_2

2

3

蓋の鍵は、金具にぴったりとはまる形になっていて、はめやすいのと、カチッとした時に、鍵が縦になってロックがかかる自動ロックが軽くかかりやすかったです

(今や、どこのメーカーもこのワンタッチ錠らしいんですが、実際やってみると、自動ロックがかかりにくいものもありました)

4

そして、実際に部屋を暗くして光を当てた時の反射テープの光具合チェックをしてみました

横マークと小ポケットのチャック取っ手が光ってるの、分かります?

あと、足りない部分に関しては、別売りの反射テープとかキーホルダーをつけようかな smile

Photo

Photo_2

こんなに悩んで買って、『たい』にランドセルを見せたところ、うかれてるのは親だけで(笑)、本人は???でした

やはり!(笑)

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

小学校との打ち合わせ

昨日は、小学校へ打ち合わせに行ってきました car

学校側とは、初めての打ち合わせです

本当は、学校が決まる前に町の教育委員会も加わった三者話し合いが入る予定だったのに、学校がすんなり(?)と決まり、三者話し合いもなくなり、結局学校との直接的な打ち合わせだけ

学校側は、校長先生と教頭先生が出席していただき、私を入れて3人での打ち合わせでした flair

しかし、打ち合わせと言っても具体的な支援や打ち合わせは、入学後に発表される担任の先生とになるので、とりあえず確認したいことを聞いたり、渡しておきたい資料を渡し、およそ1時間くらい話をして帰ってきました

本当は、入学前に何回かお会いし、資料も小出しに渡そうと思ってました

一気にたくさん渡しても読んでもらえないよな~?と思って coldsweats01

でも、結局、一気に渡してしまいました~(笑)

サポートブック、学校全体回覧用文書、「脱走」問題点に関する資料、保育所での記録です

保育所での記録は、2年間ついていただいた加配の先生に記入していただきました

受け取り、内容を見せていただいた時、もう感激っ!!!shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

日頃から分かっていましたが、書かれた内容を見て、こんなにも『たい』のことをよく理解され、考えられた支援をされていたことに改めて気づかされました

何と、素晴らしい先生!!!何と、素晴らしい保育所!!!

11

2

2枚ともびっしりと書かれています sign03

枠が足りないくらい(笑)

2年間見ていただいたことで、募る思いや伝えたいことがたくさんあったようだと、後で所長先生から聞きました confident

学校全体回覧用文書は、詳しく書いてあるサポートブックとは違い、簡易紹介文です memo

サポートブックは、担任の先生、補助の先生に目を通していただき、回覧文書は直接関わりのない先生に簡単に知っておいてもらう、またお願いしたいことをまとめました

回覧文書の知恵は、先輩ママさんから授かりました flair

1

「脱走」問題点に関する書類は、特に心配な点とその対処法として、保育所での具体例と視覚支援の写真を中心に入れました

たくさんの書類お渡しになってしまいましたが、口頭でお話するより文書は残るもの

今はご覧いただけなくても、全部見ていただけなくても、書類があることで役に立つ時がきますよね?きっと(笑)

そんな気持ちで渡してきました

後は、入学後に使うカード類をせっせと日々作成している私です(笑)

そういえば、先日の入学説明会の際、保護者方の前で校長先生が嬉しいことをお話してくださいました shine

「4月から特別支援学級に3名の児童も入学してきます。

ノーマライゼーションの考えにのっとって、普通学級との交流も増やしていきたいと思いますので、保護者の方々のご理解をお願いします。」

こんな感じの内容でした

気持ちがありがたいですね shine

さぁ、入学準備ももうひとふんばり!!

頑張りまっす smile

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

入学通知書!!!

ご心配いただいていた方々にやっとご報告です!

ご報告が遅くなってしまい、すいません coldsweats01

先月の中旬頃に、届きました!shineshineshine 「入学通知書」 shineshineshine

こんな簡単な文面で、あれっ???って感じでしたが・・・sweat02

児童名と生年月日、指定学校名と入学期日

「あなたのお子さんを本年4月1日から上記の学校に入学させてください。」

という文面でした

支援学級のクラス名も書いてないし、この通知がきたからと言ってまだ不安でした

でも、先日、支援学級についてのクラス希望を聞かせて欲しいということで町の教育委員会に呼ばれ、行ってきました car

そして、やっと沸いてきた実感 flair

これで、本当に入学できるんだ!という気持ち

もちろん、これで終わりではなく、入学してからがもっと大変になることは重々承知しています

でも、入学が決まったことで少し安堵感と準備も少しでも早く進めなければという焦りも出てきました

支援学級に関しては、たいてい「自閉症」の場合、情緒クラスになるかと思います

でも、『たい』の場合、知的な遅れもあるため、情緒・知的ともどちらとも判断しかねるので、保護者の希望を一応伺って決めるとのことでした

こちら的には、視覚支援など本人にあった支援、少しでも手厚い支援をしていただけるのであれば、クラスは問わないけど、現状と4月からの支援学級児童数から見て、「知的」クラスで希望を出しました

結果は、学校側との兼ね合いもあり、クラスが決まるのはまた少し後になりそうです coldsweats01

今までの経緯を説明すると・・・

昨年11月に選定委員会から「特別支援学校 適切」の書類が届きました

もし、同意するなら書類に署名して返信

同意しないのなら(地元小学校特別支援学級への入学希望)、電話連絡して欲しいと言われていました

そこで、私は、直接教育委員会へ行って希望を伝えるとともに、嘆願書を作成して持参しました

「特別支援学校 適切」の判定で、ショックを受けたけれども、『たい』の就学について、納得がいくまでやろうと決心したあの時期

そして、担当者にこちらの意向をお話しても、上の方々というのは、どこまで保護者の気持ちや思い、現場を理解しているんだろう?

その気持ちを伝えていかなければ、この先も何も変わらないのではないか?

もちろん、こんな手紙一つで変わるとも思えないし、読んでもらえるかさえも分からない

でも、自分としても納得いくまでやらないで後悔するのが、一番嫌だと思いました sign03

そんな思いから、町の教育委員会委員長宛に嘆願書を書き、お渡ししてきました memo

嘆願書を提出したのが、11月末

希望学校を教育委員会に出した時点で、すぐにでも三者話し合い(教育委員会・学校・保護者)が行われると聞いていたのに、それから、何ら連絡はなく、しびれをきらしてこちらから電話した12月上旬

担当者からは

「たいくんが、○○小学校に入れるか入れないかの問題ではなく(最終的に保護者の意向によるから?)、学校側で受け入れの態勢を整えている最中です。」

とのお返事でした

そこからは、動いてくれていると言うのならば、今は余計なことはしないでおこうとひたすら待って年明けしました

そして、ようやく・・・

長かった!

嘆願書ですが、「○○小学校支援学級への入学と補助員の配置への嘆願書」という題名で書きました

内容もいずれ載せますが、今のところ、補助員配置(増員)に対してまだ何とも結論が出ていませんので、はっきり分かり次第、一緒に記事にしたいと思います

今の残す問題は、先生なり補助員なりボランティアなりといった支援者の数を増やしてもらうことです flair

やれることは、まだあります!!

出来る限り、動いてみようと思います!!

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

「特別支援学校 適切」

本当に弱い母親です ・・・

また泣いてしました weep

「就学選定委員会から通知が届いたので、来て欲しい」

と町の教育委員会から言われ行ってきましたが

「特別支援学校 適切」の書類を見せられて、理由を聞いているうちに涙が…

選定委員会でそう結果が出ることは、もちろん予測してました

何せ重度ですし、言葉も話せませんから

町の教育委員会へもその旨分かっている上で、特別支援学級を希望していることを何回もお伝えしてきました

「障害児を地域で育てたい」の気持ちも全て話してきて、友好的にさえ感じてました

で、何で、呼んだの?

こちらの意向と違う判定が出たから、先に呼んだの?

書類だけ送ってくれれば、なにくそとつっぱねれたのに

それとも誰かに支援学校へ説得するよう頼まれたの?

選定委員会の人が保育所まで来て、『たい』の様子を見たのは何を見たの?

あくまでどこまで理解し、どこまでできるかだけ?

お友達との関わりは、見てくれなかったの?

「たいくんは、危険に関してどこまで認知してるか分からない

先生もずっとつくわけにはいかない

先生1人で8人の生徒というのは決まっているので、先生を増やせない」

と言うのなら、支援学級に一番先に入ってたら可能だったの?

「最後は、保護者の希望です」と言うけれども、『たい』のように支援を多く必要とする子の場合、特別支援学級に入っても先生がつけられないというのなら、選択の余地はないよね?

それって、希望って言えるの?

特別支援学級入学に向けて、必死になっていろいろやってきたことが、がたがたと音を立てて崩れていく感じと悔しさと入り混じった感情 typhoon

そんなに、私は間違ったことをしようとしているのか?

書類が送られてくるだけなら、ここまで悔しさは沸かなかったのに

選定委員会とは、『たい』のことを知らない人たちが書類上で判定を下すから、しょうがないと割り切れた

でも、わざわざ見に来たり、先に呼んで話をしたりは何のため?

先生を増やせないなら、それに代わる代替案(例えば、学生ボランティアとか)を教えて欲しい、考えて欲しい旨も前に話していたのに、それに対する返答もありませんでした

これが日本の障害児教育の現実なんだと、身をもって思い知らされました

障害児やその家族が行きたい学校へ通う権利、そして、支援を必要とする子供を周りが協力して全面的にバックアップをしていく、そういう教育までいってないんですね

改めて後日に通知が届くので、その「特別支援学校 適切」書類の承諾書を送り返さない場合(特別支援学級希望の場合)、早々に町の教育委員会と保護者、学校の3者で話し合いがもたれるようです

きっと、ここからが正念場なんでしょうね

まだ、泣いてる場合じゃないのはよく分かってるんですが、期待をもたされた対応をされただけ、悔しさが沸いてきてしまいました

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

今日はドキドキです!

昨日の夜、教育委員会から電話がきました telephone

「就学の選定委員会から通知が届きました

そこで、近々こちらに来てもらえませんか?」

という内容でした

あれ~?

通知は直に自宅に郵送で送られてくると聞いてたのに?

多分、こちらの希望「地元小学校の特別支援学級」とは別の判定が出たのかな?

「特別支援学校適」か?

予測はついてたけど、いざ言われるんだろうなぁ~と思うとちょっとドキドキしますね coldsweats01

何て言われるんだろう?

今まで何回か教育委員会の方々とお話をしてきたけど、思ってたよりとても友好的?で親切だった

「最後は、親御さんが決めることですから」

とまで言われたし

でも、今日は違うのかしら?

どちらにしても今日、行ってお話しを聞いてきます car

ただ、『ななちん』付きですが sweat02

今日は、昼過ぎから3歳児検診があって、本当は午前中だけ保育所に行かせて早退で連れていこうと思ってました

でも、お迎えの時間は、『たい』がホールにいる可能性あり!

いや、絶対いるんですね sign03

見つかったらそれこそ、3歳児検診どころじゃなくなる~

ということで、朝は一緒に保育所に行くけど、『たい』に気付かれないうちに2人でささっと出てくる予定~

朝なら、皆、ホールで遊んでいるので気付きにくいという読みで(笑)

どちらもうまくいきますように smile

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
     にほんブログ村

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めの本☆