フォト

最近のトラックバック

危険について

まだ、危ない!

最近の記事、先日の旅行の記事でも『たい』の成長ぶりを書いたばかりですが、そればかりではないことも、まだまだある現実

最近の問題は、唯一、後付けの鍵をつけれないでいた二階の窓(一応、普通の鍵はついている)

ここが、最近の『たい』のお気に入りの場所になってしまってました

ちょうど、課題用の机と椅子が置いてあるので、気付けば、窓を開け、椅子を窓際に持ってきて、外を見てたり、DSしてたり

それだけなら、まだいいんだけど、時には、椅子に立て膝になって、身を乗り出しているから、おっかない sweat01

いくら二階でも、窓の下の玄関前は、数段の階段になっているので、打ち所が悪かったら、死んじゃうわけで

すでに、古いDSを落としてまっぷたつ impact

Ca3k0157

『たい』に、「危ないよ!落ちたら死んじゃうんだよ!」と何回言っても、「危ない!落ちる!」と言うだけで、繰り返す

椅子を隠しても持ってくる

これは、どうにかしなきゃと窓の鍵を開けれないようにガムテープを貼ってみたけど、すぐにはがされて効き目なし

窓の形態に合う鍵は、見つからないし、これは、困ったぞ sweat02

おちおち昼寝もできないぞ sweat02

めったに旦那に相談しなくなったけど、(というか、普段居ないから、自分でやらなきゃいけなくなったからだけど(笑))出張から帰ってきた旦那に相談してみたら、あっという間にこんな対策↓

Ca3k0169

窓ノブを一つにひもで縛られてました

もっと見栄えのある対策は、なかったのかとも思ったけど、下手すると命に関わるしね、そんなこと言ってられないか

日中、カーテンしない窓だから、外から丸見え eye

どんだけ危険な子供がいるうちなんだ(笑)

ちなみに、下の子じゃあ、ありませんよ~(笑)

応援よろしくお願いしますconfident  ぽちっとな~good

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

危険な目に4回も!【4回目】

【4回目】 4歳の時。

家からの脱走「その2」ですdash

この頃には、『たい』は保育所に通っていたが、ちょうど、祝日だったため、久々に友達親子を呼んで、うちで遊んでいた。(友達親子は、【3回目】に出てきた親子)

もうこの頃には、玄関の鍵(内側からは、ひねるタイプの通常の鍵が2箇所、補助ロックが1箇所)を開けれるようになっていて、そろそろ危ないからと補助鍵を検討しなきゃなんて、思っているところだった。

友達が遊びに来ても、『たい』は、マイペースで自分のスペースでビデオを見ていて、だいたいは、友達親子と私と『ななちん』の4人で遊ぶ。(時たま、興味があれば入ってきたり。)

しばらくして、私は、友達ママと台所の換気扇の下で休憩一服をしていた。smoking

2階から『たい』のビデオの音は、聞こえていた。

でも、「あれ?繰り返しになっていない。」と思い、2階へ。

(『たい』は、ビデオをずっと繰り返しで見るからだ)

「 いないsign03

また、やっちゃったかsign02

玄関を見ると鍵は、下の1箇所のみかかっていて、私のサンダルがないsign03

急いで、外へ出ると、自転車に乗った同じ保育所の年長組の男の子がいた。

「たい、見なかった?」

「たいちゃんなら、交差点のところにいたよ!危ないから、連れ戻そうとしたんだけど、だめだった!」

「え~っ!ありがとね」

私は、友達ママに『ななちん』を頼み、車を出して、家から100mの大きい道路の交差点へ行った。car

(【2回目】の脱走とほぼ同じ場所)

すると、歩道にさっきの男の子が『たい』の両手を持って、2人で立っているではないかsign01

しかも、『たい』は両手を握られていても嫌な様子はなく、ひたすら歩道の信号機を見て、軽くジャンプし興奮の声を出していた。

もしかして、信号機sign02

とりあえず、男の子にお礼を言って、名前を聞き、『たい』を乗せ、うちに帰った。

また、家に帰ってなぜ出たのか?どうやって出たのか?分析・・・。

多分、歩道側の信号機への興味だろう。

この頃、『たい』は、しまじろうの本にのっている歩道の信号機のページをよく見ていた。

そう、歩道側の信号機って、人のイラストが書いてある!

(こういうイラストって、自閉ちゃんは好きだからね~)

きっとそれを思い出し、実際、見に行ったのでは?

じゃあ、どうやって出た?

実は、友達親子が家に来たとき、間違いなく私は、全部の鍵を閉めたんだけど、友達ママが暑いからと、玄関横の部屋の和室の窓を開けていたのだ。

彼女は、自分が窓を開けてしまったから、そこから出たのではないないか、と自分を責めていた。weep

いや間違いなく、『たい』は、玄関から出た。

鍵が下の一つだけかかっていたのは、多分『ななちん』のいたずら。玄関から私のサンダルもなかったし、『たい』がわざわざサンダルを和室まで持ってきて出たとは思えない。

友達に、大丈夫sign01窓から出てないから、気にしなくていいことを伝えたけど、彼女は前にも【3回目】の時にも同じ焦りを経験しているから、やっぱり気にしていた。

今回の幸運は、偶然、保育所の友達に会えたことだsign01

しかも、とてもいい子に。

この男の子は、クラスが違うのに何回か、私に『たい』のことを聞いてくれる子だった。

(同じクラスの子は、先生が「自閉症のお友達」という本を読んで聞かせてくれたし、保護者参観の時に、親子を前に私が話したので知っている)

「なんで、たいちゃんは、話せないの?」

(『たい』のことを聞いてくれる子には、私はなるべく簡単な言葉でありのままを話すようにしていた。『たい』に対するいい興味だと思ってflair

しかも、この男の子とは、少し前にうちの前で偶然に会い、「たいちゃんちって、ここなんだ!うちと近いね~」なんて、言っていた矢先だった。

だから、多分、私が外に出た時に会ったのも、『たい』のことを知らせにきてくれたんだろう。

それに、頼んでいないのに、自転車で交差点まで戻ってくれた。

ホント、感謝 heart04 感謝 heart04 ですsign01

後日、男の子の家へ行き、お父さんにお礼を言った。

「うちの子は、自閉症で話せないんです。危険も分かっていません。もし、○○くんがいなかったら、事故にあってたかもしれない。しかも、○○くんは、自ら自転車で戻って『たい』を抑えててくれました。本当に命の恩人です!」

また、うるうると泣いてしまった。sweat01

その子のお父さんは、「うちの子がそんなことをしたんですか?」とおっしゃってたけど、したんですsign01おかげで助かったんですsign03

(そのお父さんとは、その後、よく行くパチンコ屋で何回も会っている coldsweats01

それから、私は、ネットで防犯用や介護用の補助鍵やセンサー類を調べ、すぐに玄関に補助ロックと人感センサーと取り付けた。玄関には、扉の開け閉めで音が鳴る鈴を取り付けてあったが、家のつくり上、玄関で鳴っても台所にいると聞こえないため、センサーの音が別の場所で鳴る仕組みのものを購入した。

(詳しくは、「お薦めドアロック」をご覧ください)

また、いずれの窓からの脱走のことも考え、窓には上と下にと各2箇所のロックを取り付けました。

あれからというもの、『たい』の脱走はまだありません。confident

でも、危険に関しては、常に先手先手で手を打っていかないといけないことを知りましたsign01

また、本からイラストをコピーし、横断歩道の渡り方や信号機の見方など、持ち歩き用に作ったものを持ち歩くようにしている。

いずれ、きちんと横断歩道の渡り方や信号などの指導をするために。

でも、今回のことで、私はまたショックを受けた。bearing

そろそろ危ないと思いつつ、伸ばし伸ばしにしていた補助鍵の取り付け、また出て行ったことに気づかなかった私の落ち度・・・。

でも、一番は、保育所に通うようになって落ち着いてきたなぁと思っていた矢先の出来事、また保育所で普段ストレスを感じているだろうからと、毎週土曜日は行動援護を入れ、行き先も『たい』に選ばせて連れて行ってたのに・・・。

それでは、だめなのか sign02 と。

でも、起こってしまったものはしょうがない。落ち込んでいてもしょうがない。

もっと『たい』にアンテナをはらなければ。何に興味を持ち、何をしたいのか。

と考え直したのでした。flair

↓ランキングに参加しています。さぼらずに書けるよう、応援をお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

危険な目に4回も!【3回目-3】

【3回目】 の続き。

ここだけの話。

あの時から、私はパパへの怒りが消えない。pout

電話した時、怒鳴られただけでなく、「目を離したの、何回目だと思ってるんだ!3回目だぞ!次は死んだって電話よこすのか!」と言われたからだ。

確かに目を離した私の落ち度。しかも、何もなかったからよかったものの、死ぬところだった。

でも、『たい』が自閉症と診断されてから、私は小さい『ななちん』を抱え、一人突っ走ってきた。bearing

心理の先生に言われたことをすぐに実践。「早期発見、早期療育の効果」で『たい』が少しでもよくなるならという思いからだ。

2人が寝た後には、ひたすら写真カード作りもしたし、『たい』のぐずり対策グッズも作った。

こうやって出かけるのも、日頃ディサービスで頑張っている『たい』に、少しでも好きな公園遊びで体を使い、ストレスを発散してもらいたかったからだ。『ななちん』が小さい時は、『ななちん』をおんぶしたまま、公園を走る『たい』を追っかけたり、時には『ななちん』をおんぶ、『たい』を抱っこして連れ帰らなければならない時もあった。

療育だって、全部私一人でやってきたsign01

それなのに、そんな言い方しなくてもいいじゃない sign03

じゃあ、2人を家に閉じ込めておけって言うの sign02

あなたは、何もしてくれてないじゃない sign03

『たい』の療育のことだって、何も聞いてこないじゃない sign03

だからか、今は私に気を使ってくれているふしもあり、保育所の行事もほとんど出てくれている。

休みの日には、必ず家族で出かけることにも積極的だ。それは、認める。

でもでも、私の心の傷は消せないんだよ・・・

↓ランキングに参加しています。さぼらずに書けるよう、応援をお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

危険な目に4回も!【3回目-2】

【3回目】 の続き。

落ち着いてから、子供たちをまた公園で遊ばせながら、『たい』の様子に変わったところはないか、痛がってるところはないか、観察していた。

(『たい』は、小さい頃から痛みに鈍感で、しかも痛くても教えない。)

その時、ある男の人が作業着のまま、あきらかに昼間の公園に場違いで、それにキョロキョロと人を探しているようだった。

そして、私の元へ。

「さっき、ぶつかった男の子ですよね?靴の色を覚えていたので。」と声をかけられた。

「ぶつかった sign02 ぶつかってないですよね sign02

「いや。ぶつかりましたよ。私は、ぶつかった後ろの車を運転してましたから、見てました。ぶつかったのに、車は行ってしまったから、何かあったらひき逃げになると思って、ナンバーを控えてたので、知らせにきました。」と男の人は、おっしゃった。

「え sign02

確かに、私は一部始終を見ていたけど、5台目の時は車の斜め後ろ側で,、『たい』のぶつかった時は、死角の位置だった。

でも、倒れたけど、バンてとばされたわけじゃないし、パタンというだけでぶつかったとは思っていなかった。

でも、ぶつかったというなら、話は別。

パパにまず電話をした。

「たいが車道を横断して、車とぶつかった!」

「馬鹿sign03」 怒鳴られた。

とにかく、警察に電話し、病院に連れて行けと言われたので、警察へ電話した。

警察からは、すぐに現場検証をと言われたけど、先に子供を病院へ連れて行きたいと言ったら、事故扱いにしないんですか?その場での現場検証じゃないと事故扱いできないんですよ!とぶつぶつ言われたけど、『ななちん』を私の実家に預け、私の父親と『たい』を連れ、病院へ行った。

お医者さんは、「レントゲンとるまでもない!大丈夫だよ!でも、後遺症ということもあるから、また明日来なさい」とおっしゃった。

(次の日も病院へ行ったが、やはりレントゲンをとるまでもなく、問題なしだった)

その日の夜、警察から連絡がいったという、5台目の運転手から電話がきた。

同じように子供を持つ主婦の人だった。40代くらいかな・・・

その人いわく、「ぶつかったと思っていなかった。子供も笑っていたし。真ん中の車線だったから、停められずその場を去ったけど、でも車から降りてお話するべきでした。もし、できることがあれば、診察代とか払います。」

でも、私はその申し出を断った。「子供に何もなかったから、いいです」と。

私の母からも言われたけど、診察代の1万なんて、 安い勉強代 だと思ったから。

あの状況で、傷一つなく助かるなんて、あり得ない話だ。

私は、逆に運転手の皆さんにお礼を言いたいくらいだ。think

よく、止まってくれましたと。

(ナンバーを教えてくれた男性の方には、後日『たい』を連れて、お礼に行った)

それに、二次事故もなかった。あれだけ、急ブレーキをかけたら、追突事故があったって、おかしくない。

それもなかった。

しばらくして、冷静になって考えた。

多分、『たい』は、公園で遊んでいてふと、マックが目に入ってしまった。

マック好きだし、ちょうどお腹がすいていたので、マックめがけて突っ走った。

でも、マックについたのはいいけど、ママがいない。

どうしよう。そこで、手のヒラヒラとジャンプ。

公園へ戻ろうと車道を横断。 こんなところだろう・・・

では、マックから公園に戻ってくる時は、車道の横断の一部始終を私が見たけど、じゃあマックへの行きはどうしたの?

答えは簡単。帰り同様、車道を横断したんだろう。

じゃあ、 幸運は2回 ということになる。

なんて、強運の持ち主なんだろう good

しかも、わざわざ戻ってきてまでナンバーを教えにきてくれた人もいる。shine

でも、このことを機会にやっぱり、私一人では『たい』と『ななちん』の2人を見切れない。一人で2人連れて出かけるのは、やめようと思った。

実は、行動援護の受給をもらっていたが、前もって予約をしなければいけないため、使っていなかったのだ。

その頃は、その日の天気を見て、その日に行くところを決めるという生活だったので、前もっての予約が億劫だったからだ。

でも、もうそんなことは言ってられない。

次に目を離した時には、命がない sign03

それからは、2人連れての外出には、行動援護を利用している。(今は、保育所が休みでパパが仕事の毎週土曜日に利用している)

行動援護を利用してみると、なんて楽なこと happy02

一人で2人を見ている時の気の張りがない。

本当に早く利用すればよかった~ bearing

同じように一人で複数のお子さんを見ているママさん達に言いたい sign03

一人で無理しないでくださいsign01行動援護などサービスを利用すれば、ママさん達も楽になれますから note

↓ランキングに参加しています。さぼらずに書けるよう、応援をお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

危険な目に4回も!【3回目-1】

【3回目】 3歳の時。これが一番危なかったsign03 死ぬところだった。

この頃は、友達親子と『たい』と『ななちん』を連れ、いろんな所に遊びに行っていた。『ななちん』も1歳をすぎ、主張がでてきて、ずっと『たい』につき合わせるには無理がでてきていた。

だから、『たい』が1人突っ走って行ってしまった時は、友達ママに『ななちん』を頼み、『たい』を追っかけたり、それでも2人を同時に見てるのは、常に気が張って疲れることだったsweat01

そんな時、前から遊び場の本に載っていて気になっていた「交通公園」へ行くことにした。

そこは、公園のすぐ横がバイパスで危ないからと避けていた公園だった。

だから、行ってだめだったら帰ろうと思っていた。でも、行ってみるとバイパスに出る出口は1箇所。そこだけ注意してれば、大丈夫sign01しかも、交通公園は信号機やら踏切やら滑り台もあり、『たい』は入るなり、遊びはじめた。

まだ、お昼ご飯を食べてなかったけど、『たい』は踏切に夢中で動かないしと『ななちん』にだけ、ご飯を食べさせていた。もちろん、目線を『たい』からはずさないように。

しかし、『ななちん』の手をふいて一瞬目線をはずし、『たい』の方を見ると『たい』がいないsign03 

「まさかsign02 

『ななちん』を友達ママに頼み、公園内を探したけどいないsign03 

さらに、「まさかsign02

予感的中sign03 

バイパスに出てみると、『たい』は道路を挟んで反対側のマックの前にいるではないかsign03

手をヒラヒラさせ、公園の方を見て、ジャンプしているsign03

私にも気づいていない。すぐに反対側へと思ったが、横断歩道は赤信号。「そのままでいてくれっ」赤信号にイライラしながら、心で祈ってた。なんせ、バイパスは片側3車線の計6車線。車の音で声も届かない。

その時だったsign03

『たい』が車道を走って横断sign01私は、心で1台…2台…3台…と数えながら、歩道を『たい』の方に「たいせい~sign01」と叫びながら走ってた。

その時は、まさにスローモーションのようだった。

1台、2台、3台、4台と急ブレーキでとまる中、5台目の時、「ぶつかるsign03と思った。

5台目の急ブレーキとともに、『たい』がパタリと倒れた。

でも、バン!という音じゃない。大丈夫だsign02

私が『たい』に駆け寄ると、『たい』は笑っていた。

私は、頭をさげながら、『たい』を抱きかかえ、歩道へ連れて行った。

歩道に座り込み、『たい』を抱きしめ、泣いた sweat02泣いた crying

友達ママが子供と『ななちん』を連れ、迎えきて、友達ママと2人でさらに泣いた crying

続きは、【3回目-②】で。soon

↓ランキングに参加しています。さぼらずに書けるよう、応援をお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

危険な目に4回も!【2回目】

【2回目】 2歳の時。『ななちん』が3ヶ月くらい。

家からの脱走「その1」です dash

『ななちん』が昼寝をしたので、今のうちにと私は、庭の雑草とりを始めてしまったんですねぇ~ sweat02 だって、『たい』は2階の部屋で、いつものように夢中でビデオを見てるし、出て行ったら扉の音がするし、1階に降りてきても音で分かるし、大丈夫だと思い、鍵もかけず・・・。私もつい夢中になり、家の裏までまわり雑草とりをしてしまった。 バタンと音がしたような気がしたけど、道路が少し見える距離なので、姿も見えないし気のせいかと思い、雑草とりを続けた・・・。

しばらくして、家の中へ・・・。 「いないsign03」 外に出ると、私のサンダルが道路にきれいに並べられていた。 「 sign02 」 走って大きな道路まで出たけど、「いないsign03」 寝ている『ななちん』を残し、車を出して行きそうな近くのコンビニへ。たまたま、当時ディサービスに通っていた施設の先生達が、学童のお出かけ中でいたから、事情を話し応援をお願い。パパにも連絡すると「警察に電話しろsign01」と怒られ、すぐに警察にも電話、自閉症の事情も話した。

警察の方から、「警察が捜しますから、お母さんは家にいてください。」と言われ、そんなこと言ったって、じっとしてられるわけないでしょsign01と思っていたところに、パパから「たいが見つかった。連れて帰るから、交番にお礼に行って来てくれ。」と電話がきた。

(パパの事務所が家から5分のところにあるけど、いつもは現場でほとんどいないのに、たまたま事務所にいた。それもラッキーだった)

どうやら、『たい』は家から100mくらい離れた大きい道路の交差点で、はだしでうろちょろしてたところを、近くの見知らぬおばさんが保護し、交番に連れて行ってくれたらしい。私は、交番で事情を聞き、「うちの子は、自閉症で話せないんです・・・」とボロボロと泣いてしまった crying

家に帰ると、なぜかパパと『たい』がシャワーをあげている。パンツにうんちをしていたらしい。

じゃあ、『たい』が脱走したのは、パンツにうんちして気持ち悪くなり、家にいないママを探しに sign02 ・・・ この頃は、うんちはパンツにしてました。

『たい』に聞いても真相は分からず・・・

でも、この脱走で何事もなかったのは、またいくつかの幸運がありました coldsweats01

脱走時間は、夕方の少し暗くなる前だったこと。また、保護してくれた方は、『たい』とは見ず知らずだったけど、ホントにいい人に偶然出会えたこと。

この日から、いくら少しでも、必ず玄関の鍵を閉めて出ようsign01

また、「大丈夫だろう」という考えを捨てなくてはと、堅く誓ったのでした flair

(鍵はかけなくても、新聞とりだけでも必ず鍵を持って出ることは、してたんですけどねぇ~key 『たい』が1歳の時に締め出しされたので。この3歳の時期も鍵を閉められたら、開けてくれないから)

↓ランキングに参加しています。さぼらずに書けるよう、応援をお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

危険な目に4回も!【1回目】

思い返せば、『たい』は危険な目に4回も遭っている・・・ sweat02

【1回目】 2歳の時。私は、『ななちん』を妊娠中で妊娠7ヶ月くらいだったっけ。

ショッピングモール(何軒かお店がコの字に並んでいて、真ん中が駐車場)のお店の中で、目を離したすきに店を出て、駐車場を突っ切り dash、お店のおかしを握りしめたまま(もちろん、未会計sweat02)反対側のペットショップへ・・・。

おもちゃを見てるから、しばらくは動かないだろうと思って、私も気になる商品を見に行ってしまったんですねぇ~sweat01 結局、店員さんが追っかけてくれて、無事だったんですけど、追っかけてくれるなんて、なんて親切な店員さんだと思ったら・・・ そりゃあ、追っかけますよ。レジ前に並んであるお菓子を未会計のまま、持って走って出て行ったんだから・・・coldsweats02

でも、幸運でしたsign01もし、未会計のお菓子を持っていなかったら & お菓子がレジ前になかったら、店員さんに気づいてもらえず、追っかけてもらえなかったかもしれない・・・coldsweats01

それからというもの、『たい』といる時は、ひたすら『たい』だけを見、追っかけることに専念しようと決めたのでした flair

とにかくこの時期は、私の言葉なんて耳に届いていないかのようで、ひたすら自分の思ったところに行く、手はつながない、つないでも嫌がりほどいてしまう、もちろん車や道路の危険なんて全く分かっていない時期なのでした typhoon

↓ランキングに参加しています。さぼらずに書けるよう、応援をお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めの本☆