フォト

最近のトラックバック

« 不便生活の工夫 ~簡易風呂~ | トップページ | 震災2週間が過ぎ…久々の外出 »

不便生活の工夫 ~トイレ~

少しずつ、復興に向けて前向きになってきた被災地

でも、新聞やテレビで、大事な人を亡くした被災者の記事を目にすると、涙がこらえられません

それでも、今後少しでも役に立つようなことを私なりに残しておきながら、いつものポジティブ『たいママ』として、少しずついつもながらの明るい記事も書いていきたいと思います

「被災者が明るくならなかったら、他の地域の人達も明るくなれるわけがない」

と思いますから

大事な人を失ったわけではないから、そんなこと言えるんだと思われる方もいらっしゃるかもしれません

考え方は、人それぞれ

私は、私なりの考えで自分にできることをやっているつもりですので、そういった方は、どうかスルーでお願いします

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

阪神大震災を経験された方は、すでに被災後の生活工夫はご存知だと思いますが、トイレ編です!

水道が使えなくなって、水の蓄えが足りない時、一番困ったのはトイレでした

大人達は、余震が続く中の不安もあり、食事もあまり喉が通らずにいましたが、子供達はお構いなしに食欲旺盛

出るものがたくさん出るわけで(笑)

しかし、たまった汚物を流す水がない

そこで、2泊一緒にいてくれた事務員さんからの提案が、「うんこキャッチ」

特に困る大便を新聞紙でキャッチする作戦です

彼女は、かなりの知恵者でいつも『たい』の支援を一緒に考えてくれる頼りになる方

やり方は、大便の時に、便座(Uのやつです)の下に新聞紙を挟めて、キャッチしたら、新聞紙を丸めてビニールでまとめて捨てる方法

小便でもとにかく紙類は、トイレに入れずにビニールにまとめておく

そうすることで、衛生面が保てて、水も使わないで済む

幸いにも、うちには私のものぐさな性格のために(笑)、捨てずに物置にためてあった新聞紙が山ほどありました

新聞紙があってこその「うんこキャッチ」ですが、なかなか使えました!

(今は、ある程度の水が確保できたので、やめましたが)

被災後は、衛生面も気をつけ体調を管理しなければ、薬もないし、病院にも行けません

創意工夫で乗り切る大事さを身をもって、知りました

応援よろしくお願いします  ぽちっとな~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

« 不便生活の工夫 ~簡易風呂~ | トップページ | 震災2週間が過ぎ…久々の外出 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

kuchigasubettaさんへ

コメント、ありがとうございます

阪神大震災を経験されたんですね
やはり、その時の震災も皆さんいろんな知恵で乗り越えられてきたんですね
便を埋める方法、ホントにそれがベストかもしれません

今、水道が復旧し始めて問題になっているのが、汚水の浄化処理が震災の影響で機能が低下し間に合わず、汚水が溢れ出ている地域があるそうです
新聞等で節水が呼びかけられています

オムツの代用案、なるほどですね!
便利な世の中に溺れきっていると、思いつかない知恵がたくさんあることに驚かされます

色々と工夫を早々されていて、頭が下がります。
私自身、阪神大震災の被災者でした。当時はまだ学生でしたので、子どもがいる被災者さんの気持ちが今になりわかります。
 トイレですが、私が住んでいた西ノ宮は地域で便を一箇所に集めて埋めていました。最初は公園まで持っていくのがはずかしくて嫌でしたが、衛生面を考えるとそれが一番良かったようです。我が家は新聞紙の上にサランラップをひいてやっていました。

 赤ちゃんのオムツも避難所ではスーパーの袋をオムツ代わりにされているお母さんがおられました。
 たいママさんの被災地の方こそ笑って元気で!!!は、とても共感します。私にできる事は少なく無力ですが、頑張って下さい。応援しています。

 家族の皆さん体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不便生活の工夫 ~トイレ~:

« 不便生活の工夫 ~簡易風呂~ | トップページ | 震災2週間が過ぎ…久々の外出 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お薦めの本☆