フォト

最近のトラックバック

« 「ごめんね、ありがとう。」 | トップページ | 余計なことをっ! »

運動会と念願の「Will マリオ」♪

昨日は、『たい』の小学校運動会でした

練習の日が少なく、しかも『たい』の拒否もあり、ほとんど練習には参加できず

ほとんどぶっつけ本番に近かった(笑)

それでも、保育所時代から「本番に強い男」と言われ(笑)、本番で初めて一人で走れたり、運動会は『たい』の中でも唯一楽しんで参加できている行事

先生方の心配とはうらはらに、私としては、きっとやってくれるのでは?なんて期待をしてました

でも、学校から渡されたプログラムって漢字混ざりの物

子ども達向けに別に配布されるのかと思ったら、ないんですねぇ~

保育所時代、加配の先生が行事の度に写真入りプログラムを『たい』のために作って下さってたありがたみをひしひしと感じました

これからは、私が作るしかない

で、作ったのが、首ぶらさげ式移動プログラム

ごほうびのところは、お手伝い作戦が残り1回になっていたので、お手伝い表の最後15回目のところに「うんどうかい」と記入して、最後の1回を運動会参加したら1回カウントにしました

Photo

Cimg1547_2

裏には、参加できたプログラム欄に貼るためのシール入れ

プログラムをよ~く見て下さいっ(笑)

参加できなかったのは、「応援合戦」だけで、残り全部参加したんですよ~

本来は、「開会式」も「閉会式」も参加は無理だろう!

競技の「徒競走」や「ダンス・玉いれ」で頑張ってくれれば、無理しなくてもという先生方との打ち合わせだったのですが、できちゃった(笑)

ただ、ダンスが踊れるわけではなく、一緒にいるだけというのもありましたがね↓

(プログラムは、先生が首からかけてくださっています)

Photo_3

それでも、「徒競走」

トラック半周という長い距離を短く設定してもらおうかとも思いましたが、同級生と同様、同じ距離に

いつも『たい』についてくださっている支援助手の先生に手を引かれ、走り出しましたが、チンタラ(笑)

このままか?と思ったら、ゴールテープが見える最後のカーブを過ぎたところで、先生の手を払い、ダッシュ

ちゃんと、最後には自分の力でゴールテープをきりました

Photo_2

分かってるんだよな~きっと

そして、最後は自分の力でちゃんとゴールしたかったんだろうなぁ

またまた、成長に嬉し泣き

そして、席での待ち時間・・・

席も交流学級ではなく、テント内の先生方が目の届くところに設定してくださったのですが、席にいられないだろう予測から、教室でいつもごほうびにしているCDを持参し、ラジカセをセットし、本持込でずっといられました

しかも、時折、他の学年の競技も楽しそうに覗きながらです

練習時の心配とはよそにこんなに参加できたことに、先生方は、驚かれていました

だから、言ったじゃないですか!

「本番に強い男」だって(笑)

でも、こんなに頑張れたのは、席での待てる支援やプログラムでの見通し、先生方の支援がもちろんあってこそだと思います

ごほうびの「Will マリオ」がなくてもきっと出来たんだと思えます

そして、家に帰ってきてからは、念願の「Will マリオ」

ごほうびシールを1個渡して、お手伝い表に貼らせ、「Will マリオ」を見た時は、物凄い笑顔

『ななちん』と2人で遊ぶ姿なんて、いいかも

と全てうまくいかない所もあり(笑)

あっという間に、勝手に、一人遊び設定に変えれるようになっちゃって、度々『ななちん』大泣きでした

「にぃにが、一人でしてる~!ななちゃんにやらせてくれないっ」

これは、ルールを設ける必要ありそうです 

しかも、コントローラーを縦持ち

いくら、横持ちだと教えても縦に持ってやるので、うまく操作できず、何度も怒っていました(笑)

Photo_4

応援よろしくお願いします  ぽちっとな~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ    にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

     にほんブログ村

« 「ごめんね、ありがとう。」 | トップページ | 余計なことをっ! »

視覚支援☆」カテゴリの記事

『たい』~小学校生活~」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動会と念願の「Will マリオ」♪:

« 「ごめんね、ありがとう。」 | トップページ | 余計なことをっ! »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お薦めの本☆